21世紀型教育

2月1日 三田国際中学入試風景

Undefined

2月1日、東京神奈川エリアの中学入試が始まりました。
三田国際学園では、昨年より落ち着いたとはいえ、2月1日午前は本科・インターナショナルともに10倍ほどの受験倍率をキープしており、相変わらずの人気ぶりです。


2月1日午前入試。校門前で受験生一人一人にあいさつをする三田国際学園の大橋理事長


  2日以降も定員が小さくなる関係上、どうしても倍率は高く出てしまいます。4日に予定されている21世紀型入試ではなんと47倍の受験倍率です。
こういう数字を見ると、思考力型よりも4科型入試の方がチャンスが多いと感じ、従来型の学びで入試を突破しようと考える人が多くなるでしょう。
しかし、三田国際学園は、入学してからも創造的思考力を学びの中心にすえている学校です。ですから、一般受験でどの教科を見ても思考力型が多く出題されているのです。

ページ

RSS - 21世紀型教育 を購読