IB Japanese オンライン 受講生の声

セルフトートは全て自分で行わなければならないので、サポートしてくださる先生がいたというのはとても心強かったです。スカイプ授業では対話を通して自分の理解、分析を深めることができ、ペーパー2の対策にもなりました。先生とじっくり色んな視点から本の分析ができたことによって自信がつき、テスト当日も落ち着いて書ききることができました。コメンタリーの添削もしていただけるので、日本語に自信がない方でも良いものが提出できると思います。

滞在国:中国、森谷菜月さん(2017年5月最終試験)

セルフトートの難しさは、クラスメートとのディスカッションがないことです。文学作品の分析を自分一人で行うのは、とても難しく、不安になる作業です。GLICCでは、スカイプでの対話を中心とした授業で、作品を読み進める中で疑問に思った点やわからない点を先生と一緒に考えていけるという安心感がありました。当初は、文学に対して苦手意識がありましたが、こちらでお世話になったおかげで、文学作品を深く読むことの楽しさを知ることが出来ました。また、主要アサイメントの提出や試験対策など、計画的にコースを進めることが出来たので、安心して最終試験に望むことが出来ました。

滞在国:マレーシア、S・H さん(2017年5月最終試験)