高校部

Waseda University School of Culture, Media and Society -出願エッセイサポート Entrance for September 2021

早稲田文化構想学部英語プログラム(9月入学)のStatement of Purpose(志望理由書)の個別サポートを行います。2月20日には最終ドラフトが完成するアクセレレーションのスケジュールで進めていきます。

*指導はネイティブ講師が英語で行います。

30分個別指導×4回セッション

  • 第1回…志望理由書、自己アピールの方針について 
  • 第2回…1st Draft
  • 第3回…2nd Draft
  • 第4回…Final Draft

1セットの費用… 25,000円

※ GLICCの講座を初めて受講される場合は12,000円のオンライン入会金がかかります。

お問い合わせ

 

早稲田政経9月入学英語プログラム出願サポート Waseda University School of Political Science and Economics

早稲田政経英語プログラム(9月入学)の志望理由書(Essay 1000 words)の個別サポートを行います。2月20日には最終ドラフトが完成するスケジュールで進めていきます。

*指導はネイティブ講師が英語で行います。

30分個別指導×4回セッション

  • 第1回…志望理由書、自己アピールの方針について 
  • 第2回…1st Draft
  • 第3回…2nd Draft
  • 第4回…Final Draft

1セットの費用… 25,000円

※ GLICCの講座を初めて受講される場合は12,000円のオンライン入会金がかかります。

お問い合わせ

 

高校数学オンラインコース

新高1生対象(毎週水曜日20時00分~21時00分)
新高2生対象(毎週金曜日20時40分~21時40分)
新高3生対象(毎週木曜日20時00分~21時30分)
 
今回は新たにコースを開設したことで特別割引価格でコースをご案内いたします。コース内容の詳細については、こちらから受講カウンセリング(無料)をご予約ください

帰国枠大学入試 数学オンライン自学コース

忙しいインター校の学習の合間に日本の大学受験の準備をするのは非常に大変です。特に理系学部の多くは日本型の数学・理科の筆記試験を課すことが多く、しかも問題は決して易しいものではありません。
 
そこでGLICCでは、日本型の数学に対応するためのオンライン自学コースを作成しました。時間の制約なくいつでも利用できるように、講義と類題の小テスト、解説動画で進めていくことができます。もちろん対面の個別指導で講師(メンター)がつきますので、問題が分からないときや数学の勉強法に迷いが生じた場合でもメンターがしっかりサポートしてくれます。大学受験の数学担当は東京大学を卒業し、GLICCで大学受験理系科目のマネジメントをしている先生です。
 
コース内容の詳細については、こちらから受講カウンセリング(無料)をご予約ください

上智大学国際教養学部 対策オンライン

  • 志望理由書エッセイサポート
    • 500ワードの志望理由書の作成をサポートします。
  • 英語資格のスコアアップ
    • TOEFLのスコアアップ、SATのスコアアップを個別指導で実施
    • 弱点分野に特化した対策も可能です。

受講までの流れ

  1. 無料オンラインカウンセリング(レベルチェック)
  2. 現状と目標のGAPの確認とカリキュラム策定
  3. 対策科目(Reading,Writing, Speaking,Listening, SAT Math)の決定
  4. 担当講師および担任の決定

    お問い合わせ

 

早稲田大学国際教養学部AO(国内選考/国外選考)対策オンライン

  • 志望理由書・課題エッセイサポート
    • 英語資格のスコアアップ、事前課題/志望理由書サポート
  • TOEFL/IELTSなどの英語資格スコアアップ対策講座
  • Interview対策
  • Critical Writing対策(4月入学 国内選考受験生向け)
 

    お問い合わせ

 

慶應義塾大学法学部 FIT入試対策

  • 志望理由書・自己推薦書(A方式)サポート
    • オンラインで何度もやり取りすることができるので、自分の将来の目標や法学部での学びを明確にしていくことができます。
  • 論述試験(A方式)・総合考査(B方式)対策
GLICCでは、法学部で学べることを身近な例を使って講義し、興味と関心を育てていきます。講師は、かつて大学で教鞭を執っていた法学博士ですから、出題されるポイントをズバリ的確に指導します。​
  • A方式
    • (2019年度)
      • 模擬講義のテーマ:言語と社会を考える—言語政策とは何か?
      • 論述試験:講義の内容を踏まえたうえで、今後の日本に必要な言語政策のあり方について見解を述べる。
    • (2018年度)
      • 模擬講義のテーマ:排外主義とは何か
      • 論述試験:排外主義の発生・活発化のメカニズムを要約し、それを踏まえて架空の場所で起こった事例を分析する
    • (2017年度)
      • 模擬講義のテーマ:国際的な子どもの奪い合いとハーグ条約
Subscribe to RSS - 高校部