一橋大学経済学部(帰国生入試)に「最短」合格!

進学大学:一橋大学経済学  滞在国:イギリス  T・C さん  (2021年度)


私が国立大学を目指すようになったのは、家族や周囲の知り合いの助言でした。中高時代をほとんど英語環境で過ごしていたので、英語で授業を行うプログラムにも惹かれましたが、日本の大学を目指すのであれば、英語力を伸ばすこと以上に日本語で専門性を高める方が合理的だと考えるようになりました。

対策する上で困ったのは、小論文でした。英語は市販の過去問題集を入手すればよかったのですが、小論文の過去問題は手に入らないうえ、自分ではどう練習すればよいのかわからずインターネットで予備校を探し始めました。大手の予備校は、色々な対策がセットになっていて、費用もそれなりにかさむことから、一橋大学の過去問対策を中心にやってくれるところはないかと探しているうちに、たまたまGLICCを見つけました。

実際に受講してみると、過去問が豊富にあり、合格者の再現答案なども紹介してくれるなど、先生が帰国生大学入試情報に精通していることがわかりました。小論文の書き方についても、自分の強みや弱点がどこにあるかを的確に指摘してくださり、大変助かりました。数回授業を受けたあたりから、小論文を書くことに対して自信が出てきました。

1次の筆記試験に通過した後も、面接対策に抜かりがあってはいけないと親身になってご指導をいただき、おかげさまで半ば無理だろうと思っていた一橋大学に合格することができました。「最短ルート」で導いてくださり、GLICCの先生には本当に感謝しています。