大学入試 合格者の声

合格大学:東京大学文科2類  滞在国:アメリカ  M・O さん  (2022年度)

私は小学六年生の時に渡米して以降、約7年間米国に住んでいたため、英語は上達した一方、私の日本語のレベルは向上できずにいました。ですので、東京大学の文科二類の受験を考えた際に、私にとっての一番の大きな壁は日本語の小論文でした。コロナ禍にオンラインで国立大学の小論文対策を行っている塾は無いかと必死に調べている時に、GLICCに出会うことができました。

最初は小論文の書き方もわからない状態で受講し始めましたが、先生は丁寧にピンポイントで自分に足りないことを指摘してくださり、私の小論文の上達に大きく繋がりました。私が宿題で書いてきた小論文を基に一緒に対話しながら、よりレベルの高い小論文にするための視点に気づかせていただいたことで、新たな考え方が育成され、この様な授業の積み重ねによって、小論文の構想を練るスキルが身についていきました。ディスカッションを通じて、笑いながら楽しく現代社会が直面する問題の新たな切り口を見出せたこともいい思い出です。難しいトピックについて対話することで、私は日本語の表現力を高めることができ、この能力は大学受験の面接でも大いに役立ったと思います。

また、受験勉強の最後に新たな受験生が加わったことも合格へ近づいた一歩でした。先生との一対一の対話もとても有意義なものでしたが、私と違う国で過ごしていた生徒の方と現地の状況について話せたことは、自分が暮らした国についてよりよく知る良いきっかけとなりました。ピアレビューを通じて、より良い書き方、また新たな視点を得ることができ、受験勉強の最後にグンと小論文のスキルを上げることができたように感じます。

筆記試験が終わった後には、面接対策もご指導をしていただきました。志望動機から最近のニュース、と様々な角度からの質問をしていただき、どの様な質問でも答えられる、と自信を持って面接に望むことができました。圧迫面接を恐れていた私に、それをどう自分が回避できるかというアドバイスもしていただき、このご助言が無ければ、厳しい面接となっていたかもしれません。

この様な受験対策に加え、GLICCの先生は親身になって受験の悩み事や話を聞いてくださいました。私が何か心配事を抱えていた際に先生に連絡すると、すぐにズームを開いてくださり、相談にのってくださいました。この様なサポートは、他では得られないものだと思います。

GLICCの先生方が様々な面で受験の支援をしてくださったおかげで、この度東京大学に合格することができました。私の受験に親身に寄り添ってくださって、ありがとうございました!

合格大学:東京大学文科2類  滞在国:イギリス  M・K さん  (2022年度)

英国から日本へ2021年の6月に帰国してから約半年間は、他の大手塾で理系として学習を進めていました。12月末に東京大学を視野にいれ、文転した私がGLICCでご指導を頂けるようになったのは、東京大学受験の約1か月前です。文転してから他塾で少し小論を書いていた経験はあったものの、圧倒的に私は小論対策が不足しており、半ば記念受験として東京大学に臨む気持ちでいました。そんな時に、知人にGLICCの鈴木先生をご紹介していただきました。

実際に受講し始めてみると、他の大手塾の文系授業と比較してもGLICCの小論文対策はとてもハイレベルであると思いました。なぜなら、一対一指導で自分の書き方の癖や改善点をピンポイントで指摘してくださり、小論をどう改善していくべきなのかを明確にしながら私だけのプランを立てて学習を進められたからです。また、毎回のクラスメイトとのピアレビューでは、同じ問題でも自分とはこんなに違う取り組み方があるのかと感心させられ、とても参考になりました。身近にライバルがいることはとても良い刺激であり、自分の学習意欲をさらに高めることに繋がりました。

GLICCでは小論文対策だけではなく、面接対策までご指導をいただきました。志望理由書についての様々な角度からの質問や、時事問題としてのウクライナ問題、滞在国と日本の違いについて等考えられるだけの想定質問を一通り対策していただけました。おかげさまで本番は不意をつかれるような質問はなく、きわめて練習通りに落ち着いて臨むことが出来ました。

こんな短期間の対策で合格を勝ち取ることができたのは、いきなり飛び込んできた私を快く受け入れ、小論の基礎から身に着けるべき知識までを丁寧に一対一で指導してくださったGLICCの先生方のおかげです。本当にありがとうございました。
 

進学大学:一橋大学経済学部  滞在国:イギリス  T・C さん  (2021年度)


私が国立大学を目指すようになったのは、家族や周囲の知り合いの助言でした。中高時代をほとんど英語環境で過ごしていたので、英語で授業を行うプログラムにも惹かれましたが、日本の大学を目指すのであれば、英語力を伸ばすこと以上に日本語で専門性を高める方が合理的だと考えるようになりました。

対策する上で困ったのは、小論文でした。英語は市販の過去問題集を入手すればよかったのですが、小論文の過去問題は手に入らないうえ、自分ではどう練習すればよいのかわからずインターネットで予備校を探し始めました。大手の予備校は、色々な対策がセットになっていて、費用もそれなりにかさむことから、一橋大学の過去問対策を中心にやってくれるところはないかと探しているうちに、たまたまGLICCを見つけました。

実際に受講してみると、過去問が豊富にあり、合格者の再現答案なども紹介してくれるなど、先生が帰国生大学入試情報に精通していることがわかりました。小論文の書き方についても、自分の強みや弱点がどこにあるかを的確に指摘してくださり、大変助かりました。数回授業を受けたあたりから、小論文を書くことに対して自信が出てきました。

1次の筆記試験に通過した後も、面接対策に抜かりがあってはいけないと親身になってご指導をいただき、おかげさまで半ば無理だろうと思っていた一橋大学に合格することができました。「最短ルート」で導いてくださり、GLICCの先生には本当に感謝しています。

 

進学大学:中央大学法学部法律学科  出身校:三田国際学園  S・N さん  (2021年度)


私は通っていた高校がインターナショナルコースで、英語を中心に学習してきたため、日本語で文章を書くことに不安を感じていました。

GLICCでは、少人数の授業が基本で、夏期講習の日本語小論文では2名、9月以降の志望学部別対策では、1対1の個別で受講できました。

受講してみて自分の課題は、日本語で小論文を書くスキルというよりは、法学部を志望する理由の具体性や、問いに答える際にいかにリーガルマインドを発揮するかであることに気づきました。実際に法学を専門とする先生に指導を受けることで、漠然とした自分の夢が、グローバルな時代に対応した法律家という、より明確な目標となっていく実感が得られました。
 
大学では、女性が活躍できる、そしてグローバル社会で日本人が強みを発揮できるような社会を構想して、その観点から人々の権利について考えていきたいと思っています。その思いが明確になったのは、GLICCでの学習体験だったと感じています。

進学大学:東京外国語大学言語文化学部フランス語専攻  出身校:学芸大学国際中等教育学校  M・K さん  (2020年度)

私は最初、いっさい塾に通わずに独学で入試対策をしていましたが、私大の帰国生入試で厳しい結果を突き付けられ、真剣に塾を探し始めました。
 
GLICCは帰国大学入試やIB入試に詳しく、私のスケジュールに合わせて柔軟に対応してくれたので、とても助かりました。
 
担任の鈴木先生は、私の志望学部に合わせて小論文の演習問題を選んでくださり、入試本番までに私の必要とするテーマをほぼ網羅できました。
 
授業ではテーマに関連する背景知識を補強し、書くべき着眼点についてブレーンストーミングが行われます。このように書くべき論点を見出す方法は私にとってとても新鮮で役にたった部分です。
 
 
また、宿題として自宅で書いたものをオンライン上で提出でき、先生のコメントフィードバックが授業前に得られるので、効率的に対策を進めることができます。
 
面接練習でも私が十分に準備できていない部分を指摘してくださり、本番では落ち着いて面接を受けることができました。おかげさまで第一志望の大学に合格することができました。本当にありがとうございます。

ページ