IB Japanese オンラインコース

IB Japanese指導のベテラン講師による2年間フルサポート。SkypeやZoom会議室を利用した「対話型チュートリアル方式」で指導します。

IB Japanese A:Literature Self Taught サポート

IB Japaneseでは、Written Assignmentやオーラルプレゼンテーションなど、個々の文学作品について自分の考えを伝える力が大切です。その力を育成するため、GLICCでは、Skypeを利用した「対話型チュートリアル方式」の指導を行います。UAEなど、スカイプなどの回線に制限がある地域でも、他の通信手段によって対話型オンライン指導を可能にします。

※下記のサポート内容は2020年最終試験までのものです。2021年5月最終試験以降はIB Languageの改訂に伴い、サポート内容も変わります。

  • 2年間サポートコース
    • 作品選択はもちろん、学校のMock Exam準備、成績出しや最終試験対策まで、すべて対応します。
    • 受講の流れ(Skypeとemailによる個別指導)
      • 第1期(G11前半)…書籍選定→Part1の2作品について分析とジャーナルライティング、RSの完成
      • 第2期(G11後半)…Part 1 Written AssignmentのDraft完成、Part 4 Oral Presentationの練習
      • 第3期(G12前半)…Part 2 Oral Commentaryの練習、Part 3の 3作品について分析
      • 第4期(G12後半)…最終試験 Paper 1の対策、Paper 2の対策
    • 帰国枠大学受験および海外大学進学についても必要に応じてサポートします。
  • 最終試験(Paper 1)対策
    • 最終試験の3ヶ月ほど前から月に2回のペースでオンラインで過去問演習を実施します。

 

IB Japanese:Language and Literature  HL / SLサポート

学校のMock対策、最終試験対策などご希望をお知らせください。通っているインター校の指導方針に合わせてサポートします。

 

過去に指導した経験のある作品は60を超えています(リストはこちら)。このリストにない作品でも指導することは可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

FAQ

スケジュール予約システムから個別指導のスロットを予約していただき、その時間帯でSkypeによる対話型授業を行います。各回作品に沿って個別の課題が出され、次回の授業までに提出していただきます。その提出したものをもとに対話を発展させていきます。
 帰国子女専門機関からの外部受託も含め、これまでに約50名のIB Japanese履修生を指導してきました。多くの生徒が最終スコアにおいて7を取っています。7を取るためには、自分なりの分析視点を持つことが大事ですから、指導は対話型で生徒の主体的な読み取りの力を育成します。
Webcamは必ずしもオンにしなくても構いません。音声のみでも十分にやり取りができます。

 
PayPalまたはクレジットカードでのお支払いを希望される場合は、下記のボタンをクリックすることでお申し込みが可能です。初回お支払い分はオンライン入会金の費用が加わっています。また、カード利用の場合は5%の手数料をいただいております。カートに入った商品と合計金額をよくお確かめください。

銀行振り込みを希望される場合は、メールまたはお電話でご連絡ください。
 

受講コース 支払い
回数
第1回お支払い
(入会金とカード手数料5%含む)
第2回お支払い
(カード手数料5%含む)
第3回お支払い
カード手数料5%含む)
第4回お支払い
カード手数料5%含む)

2年間サポート

 4回

 88,200円

 75,600円

 75,600円

 75,600円

1年間サポート

2回

 126,000円

 113,400円

*スカイプとインターネットにつながる環境が必要です。

 

お問い合わせ