インターナショナル

帰国枠大学入試対策コース

帰国枠大学入試コース

オンラインのリアルタイム対面指導と通学の直前対策講座(少人数クラス)を組み合わせて、志望校に向けた最短・最適な対策で合格を実現します。

志望理由書&面接サポート

  • 出願する大学・学部に合わせて、受講期間中は何校でも志望理由書の指導をします。日本語・英語どちらでもサポート可能です。

 

SDGs: 環境問題と持続可能性

未来を見据えたとき、環境問題と持続可能性が大きな問題として立ちはだかっています。これらの問題を解決するにはどうすればよいのでしょうか?次の世代のために、より安全で持続可能な未来に貢献するために、私たちは自分たちの生活の中で何ができるのでしょうか?

このコースでは、環境学や気候変動などについて学ぶだけでなく、未来世代のために物事を改善する方法を探っていきます。授業は、以下のような内容で進められます。
 

変動する気候

地球の気候の未来とは?

このユニットでは、過去120年間の気温の変化を示すデータや、異なる時間スケールでの気候の傾向を示すデータを調べます。生徒は、グループディスカッションを通じて、情報を評価し、それに基づく結論の限界を検討します。各ユニットではプロジェクトとアクティビティの組み合わせが含まれていて、生徒は素材を十分に理解し、自分なりの結論を導き出すようになります。

このレッスンを修了すると、生徒は以下の質問に答えることができるようになります。

  • 地球の平均気温は、過去40万年でどのように変化してきたのか?
  • 40万年前の気温を科学者はどうやって判断しているのか?
  • 科学者が将来の気候の予測に自信を持てるようになるのはなぜか?


  • 環境というテーマに取り組むことは、将来の世代にとって不可欠なだけでなく、生徒にとっても楽しいものです。環境というテーマについての議論を促進するだけでなく、実際のプロジェクトを通して学ぶ機会をもつことで、創造的な思考力やコラボレーションのスキルを向上させることができます。

    帰国枠高校入試対策 グループ/個別 オンライン指導

    帰国生の高校受験対策講座として3教科型オンライン指導を開始しました。長年帰国生の高校受験を見てきたエキスパートが各科目を担当します。短期集中の個別指導で目標校の出題傾向に合わせた対策が可能です。ぜひご検討ください。
     
    コース内容の詳細については、こちらから受講カウンセリング(無料)をご予約ください

    帰国枠大学入試 数学オンライン自学コース

    忙しいインター校の学習の合間に日本の大学受験の準備をするのは非常に大変です。特に理系学部の多くは日本型の数学・理科の筆記試験を課すことが多く、しかも問題は決して易しいものではありません。
     
    そこでGLICCでは、日本型の数学に対応するためのオンライン自学コースを作成しました。時間の制約なくいつでも利用できるように、講義と類題の小テスト、解説動画で進めていくことができます。もちろん対面の個別指導で講師(メンター)がつきますので、問題が分からないときや数学の勉強法に迷いが生じた場合でもメンターがしっかりサポートしてくれます。大学受験の数学担当は東京大学を卒業し、GLICCで大学受験理系科目のマネジメントをしている先生です。
     
    コース内容の詳細については、こちらから受講カウンセリング(無料)をご予約ください

    国際生中学入試 日本語作文対策講座

    広尾学園や学芸大国際中等教育学校などの国際生/帰国生入試では、日本語作文が課されます。作文は、漢字力や文章表現力が見られるだけでなく、海外経験で学んだことや、異文化を通して形成した価値観までも如実に表れてきます。GLICCでは、作文における形式面だけでなく、書く内容について、子どもたちとの対話を通して内面にある宝物を言語化して引き出すことを心がけています。

    IB Diploma Core (TOK / EE)サポート

    TOK Image

    TOKとEEは、ボーナスポイントとして最終スコアに加算されるという意味で大切なだけでなく、どちらかでD以上の評価が取れないとDiplomaが取得できなくなるという意味で軽視できない科目です。この「コア」科目に不安があると、学校からディプロマ履修を変更するように迫られることもあります。
    ※ CASのサポートは原則として承っていません
     

    三田国際中学 国際生入試・英語入試対策コース

    三田国際image

    三田国際学園「国際生入試」および「英語入試」の出題傾向に合わせた対策を実施します。必要な講座だけを選択受講することも可能です。
    ※2020年度サンプル問題、2021年度入試問題(受験生からの聞き取り)を元にした最新の出題傾向予測に基づきます

    IB Japanese オンラインサポートコース

    IB Japanese image

    IB Japanese指導のベテランが「オンライン対話型個別指導」で2年間フルサポート。 

    Literature SSST (School supported self-taught) 

    IB Japaneseでは、個々の文学作品について自分なりの考えを伝える力が大切です。その力を育成するため、GLICCでは、Skypeを利用した「対話型チュートリアル方式」の指導を行います。UAEなど、スカイプなどの回線に制限がある地域でも、様々な通信手段によって対話型オンライン指導を可能にします。

    IB Language Aの改定カリキュラムに完全対応
     2021年 May最終試験以降のカリキュラムで学習する生徒は、作品選択基準や進め方が以前の生徒とは異なるので注意してください。

    ページ

    RSS - インターナショナル を購読