オンライン学習

帰国中学入試 エッセイ模試オンライン

対象: 2021年度中学入試を受験する小学6年生の海外帰国生および国内の国際生

次の中学で出題される英語作文の対策となります。
※志望校判定はありません。ルーブリックによる観点別の評価とコメントをお返しします。

  • 慶應湘南藤沢中 (エッセイタイプ)
  • 三田国際学園中(エッセイタイプ)
  • 頌栄女子学院中(ストーリータイプ&エッセイタイプ)
  • 聖光学院中(エッセイタイプ)
  • 渋谷教育学園幕張中(エッセイタイプ)
  • 渋谷教育学園渋谷中(エッセイタイプ)
  • 東京学芸大国際中等(エッセイタイプ)

オンライン模試に必要なもの

  • インターネットに繋がる環境とブラウザ(ChromeやSafari、Firefoxなど)
  • WEBカメラが使用可能なPCまたはタブレット(据え置き型)

※エッセイは手書きで提出していただきます。キーボードで入力する必要はありません。

【申し込みから受験・答案返却までの流れ】

  • クレジットカード申し込み(試験の2日前まで受付)

      ↓

IB Diploma Core (TOK / EE)サポート

TOK Image

TOKとEEは、ボーナスポイントとして最終スコアに加算されるという意味で大切なだけでなく、どちらかでD以上の評価が取れないとDiplomaが取得できなくなるという意味で軽視できない科目です。この「コア」科目に不安があると、学校からディプロマ履修を変更するように迫られることもあります。
※ CASのサポートは原則として承っていません
 

帰国枠大学入試対策コース

帰国枠大学入試コース

オンラインのリアルタイム対面指導と通学の直前対策講座(少人数クラス)を組み合わせて、志望校に向けた最短・最適な対策で合格を実現します。

志望理由書&面接サポート

  • 出願する大学・学部に合わせて、受講期間中は何校でも志望理由書の指導をします。日本語・英語どちらでもサポート可能です。

 

三田国際中学 国際生入試・英語入試対策コース

三田国際image

三田国際学園「国際生入試」および「英語入試」の出題傾向に合わせた対策を実施します。必要な講座だけを選択受講することも可能です。
※2019年度サンプル問題、2020年度入試問題(受験生からの聞き取り)を元にした最新の出題傾向予測に基づきます

IB Japanese オンラインサポートコース

IB Japanese image

IB Japanese指導のベテランが「オンライン対話型個別指導」で2年間フルサポート。 

Literature SSST (School supported self-taught) 

IB Japaneseでは、個々の文学作品について自分なりの考えを伝える力が大切です。その力を育成するため、GLICCでは、Skypeを利用した「対話型チュートリアル方式」の指導を行います。UAEなど、スカイプなどの回線に制限がある地域でも、様々な通信手段によって対話型オンライン指導を可能にします。

IB Language Aの改定カリキュラムに完全対応
 2021年 May最終試験以降のカリキュラムで学習する生徒は、作品選択基準や進め方が以前の生徒とは異なるので注意してください。

ページ

RSS - オンライン学習 を購読