現地校イメージ

現地校・国際校生向け インターナショナルコース

インター校のカリキュラムに精通したエキスパートが毎日の学習をサポート!

現地校・インター校の学習をサポート

国際バカロレア(IBDP、MYPなど)や、イギリス型のカリキュラム(A-level、GCSEなど)、アメリカ型のカリキュラム(AP、CCSSなど)で学習を進めている生徒のサポートを実施します。ご希望と目的に応じて、英語による指導か日本語による指導かを選択することができます(日本語サポートや一部科目を除く)。

数学・理科のサポート
    • 学校の教科書の進度に合わせた指導
    • 学期末試験の対策
    • Final Examに向けた準備
    英語エッセイサポート・日本語の強化
    • 課題エッセイ・レポートのサポート
    • IB English Bの2年間サポート
    • 日本語作文基礎・大学受験準備日本語小論文対策
    • IB Japanese A、IB Japanese Bの2年間サポート
    現地校・インター校の学習サポート全般
    • IBDP Core(TOKおよびEE)のサポート
    • MYP パーソナルプロジェクトサポート
    • 学校で出される宿題(プロジェクト)のサポート
    国内の中高編入・大学入試・海外進学をサポート
    • 日本の学校の進度に合わせた英・数・国の指導
    • 名門ボーディングスクールへの進学サポート
    • 帰国枠中学高校大学入試への対策

     

    サポートについてのご質問

    A 英語が母語になっている方には英語でのサポートをお勧めしていますが、家庭で日本語を使用しているような場合は、たとえ学校で英語で学習を進めていても、日本語でサポートを受ける方が効果的であることがよくあります。科目の新しい知識に加えて語学の負担があると学習意欲そのものが削がれてしまう場合があるのです。日本語で科目についての知識を入れておくことで、英語での学習がスムーズに進みます。
    A 学年や現地校の経験年数によって異なります。現地校に入って間もない段階では学校の学習に集中することが大切です。GLICCの指導者は日本のカリキュラムと現地校のカリキュラムの両方に精通していますから、現地校で学ぶやり方と日本のやり方を無理なく接続させていきます。ですから効率よく日本の学習に合わせていくことができます。
    A 随時メールでの相談は受け付けます。また、帰国するエリアに合わせて受入れ学校の情報をご提供します。寮のある学校や、海外の学習環境に近い学校などもご紹介できます。

     

        お問い合わせ

    インターナショナルコース ー現地校・国際校生対象コース

    帰国生の高校受験対策講座として3教科型オンライン指導を開始しました。...
    忙しいインター校の学習の合間に日本の大学受験の準備をするのは非常に大変です。...
    広尾学園や学芸大国際中等教育学校などの国際生/帰国生入試では、日本語作文が課されます。作文は、...
    TOK Image
    TOKとEEは、ボーナスポイントとして最終スコアに加算されるという意味で大切なだけでなく、...
    帰国枠大学入試コース
    オンラインのリアルタイム対面指導と通学の直前対策講座(少人数クラス)を組み合わせて、...
    三田国際image
    三田国際学園「国際生入試」および「英語入試」の出題傾向に合わせた対策を実施します。...

    ページ