ユーザー登録者向けコンテンツ

富永チューターの【数式のない算数・数学】ー第4回「桜修館の適性検査」

日本語

チューターの富永です。今回は、都立桜修館中等教育学校の適性検査について見ていこうと思います。

チュ-タ-の書いた記事を見るには、ユ-ザ-登録(無料)が必要です。

笠松チュ-タ-「法学部法律学科で学んでいること」

日本語

チューターの笠松です。

法学部に入る前、高校時代までで私自身が思っていた法律学科に対するイメージというのは、弁護士や裁判官などが集う「法曹界」でした。

チューターの記事を読むためにはユーザー登録(無料)が必要です。

湯浅チューターの【プログラミングへの道】第1回「東大に合格できたのはゲームのおかげ?」

日本語

湯浅チューターは、東京大学理科一類で学んでいます。今後はコンピュータープログラミングの世界に進みたいという希望を持っていて、今回はプログラミングに興味を持つようになったきっかけについて書いてくれました。意外や意外、東大生になるには楽しいこと我慢して・・・と思っている人はぜひ読んでみてください。 チューターが書いた記事を読むには、ユーザー登録(無料)が必要です。

富永チューターの【数式のない算数・数学】ー第3回「オイラーの多面体定理」

日本語

富永チューターが中学入試の算数の問題と、数学の世界とのつながりについて書いてくれました。中学入試の問題の奥深さが感じられます。このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

富永チューターの【数式のない算数・数学】ー第2回「ポアンカレ予想」

日本語

富永チューターは、東京大学理科Ⅰ類に在籍し、将来は数学の研究者になることを目指しています。今回の記事は、数学好きの高校生に向けて、大学に入ってから彼らがどういう学びをしているのか、紹介してもらいました。  このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

西野チューターの洋書紹介

日本語

西野チューターは、アメリカに2年、オマーンに3年半暮らし、海外インター校から日本の中高一貫校に編入し、東京大学文科Ⅲ類に現役合格を果たしました。いったいどんな勉強をしたのか、勉強法について尋ねると意外にも受験勉強をそれほど懸命にやったというわけでもなく、むしろ洋書を読むなど、楽しみながら学んでいたということです。西野チューターが大好きだという洋書を少し紹介してもらうことにしました。  このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

桑田チューターが語る「医学部ってどんなところ?」

日本語

みなさんこんにちは、初めまして。GLICCでチューターをしております、順天堂大学医学部3年の桑田力丸と申します。今回は、名前はよく聞く学部でありながらも、実際は謎に包まれた大学医学部の世界を、現実的に、ほんの一部だけ紹介したいと思います。大事ですよ、現実性。リアルです。同じこと言っていますね。 このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

上智大学の笠松チューター自己紹介

日本語

初めまして、上智大学法学部法律学科に通っている2年次の笠松と申します。このたびGLICCにチューターとして勤務することになりました。まずは私の通っている上智大学について紹介したいと思います。  このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

高木チューターの【帰国生から見た日本】第2回ーGap yearと就職に対する意識

日本語

先日テレビで、就職について海外と日本の制度を比較した番組を放送していました。日本では大学の新卒採用があり、入社式というものが存在します。また、終身雇用が保証されているうえに、同じ会社に勤めていればそれなりの昇給が期待できます。

それに対し海外では会社によって新卒採用は全く行っておらず、ベテランの転職者のみで回している場合もあるそうです。その理由は終身雇用も昇給も保証されていないためにそれぞれが様々な会社に勤めながら自身のレベルを上げていき、より給与のいい会社に転職していくのが主な就職スタイルだからです。ここで注目したいのは新卒採用と教育の関係です。今回はこのことについて考えてみます。 この記事の続きを読むには、ユーザー登録(無料)が必要です。

東京大学文科三類の西野チューターがGLICCにデビュー!

日本語

初めまして。東京大学文科三類1年生の西野と申します。私は帰国子女で、アメリカに2年間、オマーンに3年半住んでいました。高校2年生の途中までインターナショナルスクールに通っていたため受験勉強を始めたのは高2の9月とかなり遅かったのですが、通っていた高校のサポート体制が厚かったこともあり無事東京大学に入学することができました。 このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

斉藤チューターの「中国の教育と文化」第1回

日本語

こんにちは。中国からの帰国生チューター、斉藤です。
私は小学校から高校生まで学校生活をすべて中国で過ごしました。詳しく言うと、小学3年生までは、中国のローカルの学校で現地の子供たちと一緒に授業を受け、小学4年生から中学卒業までは中国にある日本人学校に通い、高校では現地校の国際部に進学しました。日本式と中国式の両方の教育を受けてきた経験から、私の感じた日本と中国の教育の違いについて書いてみようと思います。 この記事の続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

高木チューターの【帰国生から見た日本】ー第1回「小学校低学年からの英語教育」

日本語

海外での高校生活を終え、すでに帰国して2年ほどが経過していますが、いまだに日本国内での生活で違和感を覚えることがあります。今回は、小学校低学年からの英語教育について、大学の授業で議論した際に感じたことを取り上げます。  このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

富永チューターの【数式のない算数・数学】ー第1回「論理パズル」

日本語

チューターの富永です。
先週は数学の学習の進め方についてお話しましたが、基本的に問題を解くというのが中心でした。
そこで今週は、問題を解くということ自体に興味を持っていただくため、知識なしで楽しめる論理パズルというのを紹介します。 このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です。

東大生チューター富永くんの数学勉強法

日本語

皆さん初めまして。東京大学理科一類2年の富永 章と言います。

自己紹介に代えて、苦手な人も少なからずいる数学をどう勉強したらいいのか、自分の経験も交えながらアドバイスを書いていきます。  このコンテンツの続きを見るにはログイン(無料)が必要です。

高木チューターのIB生活 ~スウェーデンより~第5回

日本語

こんにちは。GLICCチューターの高木美和です。今回は「IB生活」の最終回です。日本の高校との違いを、1) 科目選択、2) 部活、3) 行事、の三つの側面から書いてみます。このコンテンツの続きを見るには、ユーザー登録(無料)が必要です。

TOEFL Reading Tips 5

日本語

Hana Wilson先生によるTOEFL Reading Tips 動画の第5回は「Vocabulary Question」についての解説です。 TOEFLオンライン講座の受講を検討している方はこちらをご覧ください。なお、この動画を見るにはユーザー登録(無料)が必要です。

TOEFL Reading Tips 4

日本語

Hana Wilson先生によるTOEFL Reading Tips 動画の第4回です。Question Type別に、解答する際の注意点について解説しています。 TOEFLオンライン講座の内容についてはこちらをご覧ください。なお、この動画を見るには、ユーザー登録(無料)が必要です。

中国の「現地校国際部」って知っていますか?

日本語

こんにちは。チューターの斉藤莉奈です。私は中国から帰国して日本の大学受験をした「帰国子女」です(笑)。英語は普通、でも中国語はネイティブ並みです。今回は、私が通っていた中国の現地校国際部についてお話します。たぶん欧米のインターナショナルスクールや英語圏の現地校に通っていた皆さんにはあまり馴染みがないと思いますが、こういう帰国子女もいるということを知ってもらえたらうれしいです。  (このコンテンツの続きを読むにはユーザー登録(無料)が必要です)

高木チューターのIB生活 ~スウェーデンのIB校より~ 第2回

日本語

第1回目に引き続き、スウェーデンで体験したIB生活を紹介していきます。学校に行った初日に驚いた点がたくさんあったように、その後授業を受けているときも日本の教育とはずいぶん違うなと思う点がありました。今回はその授業にフォーカスします。(このコンテンツを見るにはユーザー登録(無料)が必要です)

A-Levelオンラインサポート開始! Straight A の Keisukeチューター紹介

日本語

こんにちは、Keisukeです。僕はイギリスに5年間滞在していました。GCSEとA-levelを履修したので、皆さんのお手伝いができると思います。ちなみに僕が取っていた科目と成績は、次の通りです。

このコンテンツの続きを見るにはユーザー登録(無料)が必要です。

高木チューターのIB生活 ~スウェーデンのIB校より~ 第1回

日本語

早稲田大学教育学部1年生の高木美和です。私は高校時代スウェーデンでIBを受講していたので、そこでの生活を5回に分けて紹介したいと思います。第1回目の記事はスウェーデンに渡ってからIB生活初日までの話をしたいと思います。2回目に授業内容、3回目に日常生活、4回目に入試、5回目に日本の高校との違いを取り上げていきたいと思います。少しでもこれから海外生活をする学生さんなどの参考になれば幸いです。このコンテンツの続きを見るにはユーザー登録(無料)が必要です。