C1レベルの英語力を身につける

グローバル化時代に必要な英語力とは

Undefined

外国語を身につけるためには、知識を二つの側面から考えてみることが必要です。

一つは、単語や文法を覚えるといった学びに象徴されるような知識です。スペリングと発音の関係も最初は、こういった知識として身につけるのかもしれません。もう一つは、自転車に乗るのに必要となるような知識です。自転車に乗るためには、パーツの名前を覚えるよりも実際に乗ってみて「体で覚える」ような知識を活用しています。外国語を話したり書いたりする能力も同様で、使ってみることで身につけていくような知識も大切なのです。

 

CEFR基準のC1レベルとは

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages;ヨーロッパ言語共通参照枠)とは、Council of Europe(欧州評議会)によって2001年に発表された、外国語能力を示す基準です。

熟練した言語使用者

(Proficient User)

C2 Mastery
C1 Effective Operational Proficiency

自立した言語使用者

(Independent User)

B2 Vantage
B1 Threshold

基礎段階の言語使用者

(Basic User)

A2 Waystage
A1 Breakthrough