ブログ

2017年中学入試の振り返り―帰国生・国際生入試

2月に首都圏模試センターが主催した中学入試の情報共有会の模様が「2017年入試結果一覧」冊子(コラボミーティング誌上座談会記事掲載)となって発行されました。2017年度中学入試362校分のデータが網羅された保存版です。私も帰国生入試についてお話させていただいたので、そのパートだけご紹介します。

受験も就職もゴールではない

塾という存在は「合格請負人」として見られることが多く、そのため、生徒が目標の学校に合格した時点で「お役御免」となります。

GLICCは、いわゆる「塾」というよりも「学習コミュニティ」ですから、目標校に合格してもらうことは役目の一つではありますが、それがすべてではありません。中学入試から大学入試、あるいは大人になってからの英語学習まで見られる立場だからこそ、様々な助言をしていくことができると考えています。

2017年度帰国枠大学入試 トピックスー1

京都大学法学部外国学校出身者入試における変更点

京都大学法学部では、選抜方法が変更になりました。書類選考による第1次選考が廃止されたために、従来は9月末から10月にあった出願期間が年明け1月上旬になりました。また、従来2次選考で課されていた小論文の代わりに京都大学前期日程の国語(理系)の問題が課されるようになり、TOEFL iBTのスコア提出も求められるようになっています。

ページ

RSS - ブログ を購読